2013年08月06日

6:自動販売機ビジネス 2つのマイナス面についてお答えいたします。

自動販売機ビジネス マイナス面についてお答えいたします。



自販機ビジネス儲かるイメージは多く持っていただけたと思うのですが、
良い部分だけをお伝えしているだけだと
逆に怪しいとおもいますので、
キチンとマイナスになる部分もお分かり頂ければと思います。


マイナス面
2つズバリ行きますね。


1:電気代

自動販売機はこれに付きます。24時間ずっと働いて貰う自動販売機には
電気と言うご飯が必要になってきます。



月の電気代をに色々なサイトを参考にさせて頂きたいと思います。



s_057.jpg一番おおきな型



他のサイト参照

夏期で約5,000円、冬期で約6,000~7,000円
自販機の電気代について


当社電気代参照
電気代金:年間48000円前後 
月4000円ぐらい
自動販売機の電気代 1日にしたら133円です。
(機種により変動有り・あくまでも目安です)



電気代の計算といたしましては
自動販売機の電気代の計算方法でが、消費電力×使用時間÷1000×電気料金単価となります。

電気代この部分を自動販売機ビジネスを始める時には
最重要で確認して頂ければと思います。



そしてもっとも大きな問題点

2:自動販売機購入代金

これが大きなビハインドだと思います

今まで価格については触れていませんでした。

【ディスカウント 自販機】
本体は198,000円~328,000円(税別)(激安飲料仕入権・ 販売戦略付)でございます。
(送料・設置費は別) ※もちろん設置立上げまで承ります(販売できる状態にまでします)


他社さんの方が2万円ほど安い製品もございます。
他社中古自販機販売会社サイトも参照下さい。

やはり何のビジネスを始める時でも
初期投資と言う物が必要で、この初期投資
一般的に何か店を出す事を考えると25万前後で
ビジネスを始める事が出来ますか?

店舗借りて 店を出して 人を雇って 広告を打って 光熱費を払う
安くても500万円以上はかかりますよね?


【ディスカウント自動販売機ならば自動販売機購入で25万ぐらい 権利費3万円分込み】



そしてこのディスカウント自動販売機だと違うのは
激安飲料仕入れ権
そして
なにより初心者の方にもすぐ初めて頂けるように
徹底的にデータを採取して作り上げた
販売戦略書付き




ちなみに仮に自動販売機の電気代を払いながら最低でも
自動販売機代1年で回収しようと思ったとします。

機械代金が高めに見積もって25万円これを一年で割ると
一ヶ月19230円
プラスの電気代 高く見て5000円

計算が細かくなるので25000円必要だとします。

仕入れ値 50円の飲み物を100円で売ったら
50円の儲け
25000円割る50円は500本
大きな数字が出てきましたねー。

でもこれを30日で割ると16.66666
1日に17本売れればいいとなります。

24時間中に17本売れないでしょうか?
1時間一本売れれば
24本売れるのですが24時~朝の5時
人通りが少ない時間を含まなくても
17本はいけそうじゃないですか?

一番売れる自動販売機は一日に3万円以上
月間で最高で400万円売り上げた事のある自動販売機があるみたいですよー
一番売れる自動販売機 LINK

電気代や自動販売機代を大まかに見ているの17本となりましたが
15本ぐらいで損益分岐点は超え


後は売れた分
貴方のお財布に小銭がドンドン入っていく仕組みです。




CIMG2375.JPG



”目次”
1:自動販売機の歴史
2:自動販売機ビジネス 現状の市場
3:自動販売機ビジネス 嘘のような利回り100パーセント超え
4:自動販売機ビジネス 売上のカラクリ やり方次第で利益率100パーセントを超える自販機ビジネス 
5:自動販売機ビジネス やりたくても出来ない理由
6:自動販売機ビジネス 2つのマイナス面についてお答えします。
7:自動販売機ビジネス 余った土地でお困りの貴方  初めて見ませんか 自動販売機ビジネス
8:自動販売機ビジネス 機設置喜びの声
番外:自動販売機の動画集





posted by 自販機マン at 14:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。